JR住道駅から徒歩8分の30代所長の遺言、相続、離婚、許認可などを取り扱う行政書士事務所

見守り契約

見守り契約

 一人暮らしの不安を少しでも減らすことができればいいと思いませんか。

 こんなことができれば不安は減りませんか?

 家族から連絡をたくさんもらえる
 家族ができるだけ様子を見に来てくれる
 近所の方とのお付き合いがいい
 何かあった時のために頼れる先がある    など


 在宅で介護を必要とする方の場合は、このような対応をするしかないのが現状です。

 ご家族が同居してご本人の体調や生活を看ていける状態が良いのですが、核家族化も進み、それぞれが家族を持っている中でそのようにしていくことは難しいと思います。

 例えば、ご家族とは別の第三者に見守りを任せるということも検討してみるのはいかがですか。

 ご本人との契約で第三者(行政書士)が月に何度かご本人の体調の変化を把握して、ご本人の体調の変化が出てきた時に早く対応をすることができるようにすることはとても大切なことです。

 このようにご本人の生活を見守る契約のことを見守り契約といいます。
見守り契約任意後見契約死後事務委任契約と一緒にすることで、ご本人が老後の生活を安心して自分らしく生きていくことができます。

 見守り契約をすることで、家族の負担も減り、ご本人と家族の両方にとって幸せな時間を過ごせるのではないかと考えています。

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional